×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会社に副業がバレる理由

危険な副業を選ぶ前に、リスクのない安全なバレない副業選び

副業がバレる理由[バレる仕組み]

副業がバレる理由

副業がバレる仕組み。なぜ副業をすると会社にバレてしまうのか?その主な原因は住民税からバレると思われます。一般的に会社勤めしているサラリーマンは住民税が給与天引き(特別徴収)されています。従って会社側(本業の経理)では、あなたの住民税の税額が把握されています。一方、副業やアルバイト、パート先などでも支払額は税務署に知らされます。すると翌年、本業・副業に関係なく前年度収入に応じて住民税の税額が記載された納付書一年分が本業の会社に届きます。当然税額が不自然に上がっています。ここで必然的に給与以外に副収入があったことがバレるわけです。

副業がバレる前に確定申告対策

確定申告

対策しないと前者のようになるので、そうならない前に事前に対策を考えておきましょう。副業である程度の収入の予想ができたならば、管轄の市区町村へ副業に関する副収入は普通徴収(自分で納付)にする手続きをしてください。本業の勤め先である会社の給与と副業を切り分けることが大切です。また、サラリーマンの場合は年間20万円までであれば確定申告も不要です。

※税務上の詳細については税理士にお問い合わせください。

年間20万円以内なら確定申告も不要?!

確定申告不要

一般的なサラリーマンでは年末調整により所得税額が確定し納税されるため確定申告の必要はありません。また、20万円以下の副業所得だけのために確定申告をする必要はありません。国税庁のホームページによると「給与等の収入金額が2,000万円以下である給与所得者は、1か所から給与等の支払を受けており、その給与について源泉徴収や年末調整が行われる場合において、給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が20万円以下であるときは、原則として確定申告を要しないこととされています。」との記述があります。

※税務上の詳細については税理士にお問い合わせください。